HOME>オススメ情報>世界の公用語になっている英語を話せると可能性が広がります

大学受験が有利に

授業

習い事の種類はたくさんありますが、最も役立つのは語学だと言われています。とりわけ英会話に関しては、習っておくことで受験や就職にも有利になります。日本の英語教育は、受験英語と揶揄されることがあります。学校のカリキュラムにプラスして、英会話スクールや教室に通っておくと良いのではないでしょうか。大学受験にはリスニング問題が出題されますし、外国人講師のネイティブな発音に慣れておくと、本番で慌てることがなくなります。また、英検対策にも最適だと言われています。高校や在学中に二級取得も可能で、海外留学へのステップになります。当然、就職や転職活動の幅も広がります。

ビギナーも安心

教室

英会話を習うにあたっては、クラスの選択が重要になります。初心者が不安になるのは当たり前ですが、スクールにおいてはビギナークラスから始めることが出来ます。似たようなレベルの生徒と学べることで、気後れすることなく着実にレベルアップすることが出来ます。もちろん、レベルが上がるとクラスの変更も可能です。欠席した際の振り替えレッスンもありますし、事前予約システムを採用するスクールが増えていて、通い易いのではないでしょうか。

旅行や留学の前に

英語の勉強

仕事が定年を迎えると、時間に余裕が生まれます。海外旅行や短期の留学をするシニアが増えていて、その準備として英会話を習うケースが目立ちます。買い物や観光には英会話のスキルが必須ですし、当然、危機管理の面においても英会話の基礎が役立ちます。グループレッスンであれば、授業の合間にもクラスメートとやり取りを楽しむことが出来ます。一回あたりのレッスン料金も、二千円前後とリーズナブルです。夢や目標を叶える手段です。